読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鰯の独白

鰯は、鮪よりも栄養価が高いのです、たぶん。

ムーディー・ブルース 7枚の旅券

Music

 

iPhoneのアプリでYouTubeを観るのは限界がある。が、はてなブログに画像を貼りつけると(理屈は不明だけど)観られる場合がある。

たまに聴きたくなるムーディー・ブルース。連作ともいえる7枚の(フル)アルバムで試してみよう。

 

①「デイズ・オブ・フューチャー・パストDays Of Future Passed

www.youtube.com

1967年。ジャスティン・ヘイワード(ギター・ヴォーカル) とジョン・ロッジ(ベース・ヴォーカル)を新メンバーに迎え入れた第2作。シングル「サテンの夜」が世界中でヒット。オーケストラの音質がすばらしい。クラシックを録る際の技術を使っているのだろう、たぶん。

 

②「失われたコードを求めてIn Search Of The Lost Chord

www.youtube.com

親しみやすいアルバム。入門用に最適。レイ・トーマス(フルート・ヴォーカル)が活躍する「ティモシー・リアリー」は彼の代表作。68年。

 

③「夢幻On The Threshold Of A Dream

f:id:kp4323w3255b5t267:20160919072054j:image

www.youtube.com

傑作とされているが、私的にはいまいちピンとこない。アルバムの末尾を飾る「ハヴ・ユー・ハード」の組曲はマイク・ピンダー(キーボード・ヴォーカル)の操るメロトロンMkⅡをたっぷり堪能できる。69年。

 

④「子供たちの子供たちの子供たちへTo Our Children's Children's Children

www.youtube.com

私のいちばん好きなアルバム。出だしのロケット発射音&グレアム・エッジ(ドラムス・ヴォーカル)の朗読からワクワクする。ドラムは巧くないけど彼は詩人であり、グループの精神的支柱である。69年。

 

⑤「クエスチョン・オヴ・バランスA Question Of Balance

www.youtube.com

冒頭の「クエスチョン」は、これぞジャスティン・ヘイワードと言いたくなる雄々しい曲調。が、中間部の旋律に、さだの「関白宣言」を想起してしまうのは私だけだろうか。70年。

 

⑥「童夢Every Good Boy Deserves Favour

www.youtube.com

日本でもっとも有名な一枚だろう(とくに邦題が)。アルバム全体の印象は牧歌的。ぶ厚いコーラスに5人の団結を感じる。白眉はやはり末尾の「マイ・ソング」(ピンダー作)かな。71年。

 

⑦「セヴンス・ソジャーンSeventh Sojourn

www.youtube.com

連作の最終章。次のスタジオアルバム『オクターヴまで6年のインターバルが開き、その間にピンダーは引退してしまう。冒頭「失われた世界」のサビは「いい日、旅立ち」を連想するし、ラストの「ロックン・ロール・シンガー」(ロッジ作)はロシア民謡みたいだ。けれども、その非ロック的な佇まいがムーディー・ブルースの真骨頂といえるだろう。72年。

 

 

どう、聴けた?

ムーディー・ブルースは熱烈なマニアが多いのでうかつなことは書けないが、できればこの7枚、ぜんぶ揃えてほしい。楽しみが倍増すること保証します。

叙事詩に綴られた精神遍歴はあたかも黙示録のようであるし、スペキュレイティヴ・フィクションのようでもある。

聴くばかりではなく「読む」や「識る」も大切だ(それは何も歌詞に限らない)。そのことを私はムーディー・ブルースから教わった。

なーに、気負うことはない。日本のGSにも影響を与えた、穏やかで優しい歌がほとんどだから。

(註:この記事は約1年前に書かれたものです。)

 

 

【追記】

パトリック・モラーツをキーボードに迎えいれて制作された『オクターブ』を私はそれほど熱心には聴かなかったが、それでも泣けてくるほど好きな歌がある。「ハッド・トゥ・フォール・イン・ラヴ」。


The Moody Blues - Had to fall in Love

ジャスティン・ヘイワードって『童夢』がそのまま老境まで持ち越した感のある人だ。けれどもジャスティン爺さんの瞳には今でもおとぎ話のような田園風景⑥が映ってるんだろうな。

www.youtube.com