読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鰯の独白

鰯は、鮪よりも栄養価が高いのです、たぶん。

「好きなギタリスト」について(はてなブログの〈トピック〉に反応した号外)

 

トピック「好きなギタリスト」について

 

ピート・タウンゼンド です。

f:id:kp4323w3255b5t267:20150912125534j:plain

かれよりもテクニカルなギタリストは数多いるが、

かれほどクリエイティヴなギタリストは数えるほどしかいない。

ヘンリー・パーセルからジョン・リー・フッカーまでを視野に収めつつ、

ザ・フーの音楽を構築する要素として、ピートはギターの鳴りに耳を傾けていた。

コードワークひとつとっても、音の選び、抜き差し、響かせ方、じつに多彩である。

加えてあの高速カッティング、リアス式海岸の崖を思わせる粗削りなアタック。

トラッドに根ざしたチューニング、ふと垣間見せる繊細なアルペジオ

ピート・タウンゼンドほどエモーショナルなギタリストはいない。

ぼくにとって。

 

具体的な説明をしだすときりがないので、このくらいにしておきます。

念のため、ぼくの好きなユーチューブの画像を4枚、貼っておきます。 

 

① 70年、ワイト島フェスティバルの「ヤング・マン・ブルース」。

 ピートとキース・ムーンDrのブチ切れっぷりが尋常じゃないLV。

www.youtube.com

 

② 78年、映画『キッズ・アー・オールライト』の「無法の世界」。

 足を踏ん張り、腕を振り回すタイミングの妙。これぞ千両役者!

www.youtube.com

③ 80年、ソロ『エンプティ・グラス』より「ラフ・ボーイズ」PV。

 ワンテイクで録音されたとは思えないギターシンセの広大な音響。

www.youtube.com

若いの、おれを邪険にするなよ。

④ もういっちょう載っけておくぜ。ロイヤル・アルバート・ホールの「Drowned」。

www.youtube.com