鰯の独白

鰯は、鮪よりも栄養価が高いのです、たぶん。

『ロシュフォール』に憧れて

 

 ジャック・ドゥミ監督が1967年に制作したフランス映画、『ロシュフォールの恋人たち』。その色あざやかな映像と、ミシェル・ルグランによる素晴らしいサウンドトラックは、数多の人びとが絶賛しており、いまさらぼくがつけ加える要素など何もないけれど(試しに検索してごらん。山ほど記事やブログにヒットするから)、この映画が好きで好きでたまらないぼくは、疲れてしんどいときにはコレを観てシャキッとするのです。

 だから久しぶりにユーチューブをペタペタ貼りつけるのさ。簡単で散漫な解説もつけとこう。

  これが映画の冒頭ね。

 www.youtube.com

 キャラバンの踊る舞台が運搬橋のゴンドラという、スリリングなオープニング。ジョージ・チャキリスの旋回で、いきなり持っていかれます。

 www.youtube.com

 有名な『キャラバンの到着』。松田聖子小泉今日子の化粧品のCFやら、吹奏楽やらエレクトーンの発表会やらで、耳にしたことあるでしょう。だけどコレを観なくちゃ、真価はわからない。映像と音楽の理想的な融合。

 いいなあ、こんなふうに仕事作業は楽しくやりたいね。踊るように歌うように。

 www.youtube.com

 続いては『双子姉妹』の登場。実際の姉妹、フランソワーズ・ドルレアック(姉)とカトリーヌ・ドヌーヴ(妹)が演じています。楽器のあて振り同様、歌も吹き替えだけど、かまわないさ、めちゃくちゃ愉しいシーンなんだから。

 というか、この映画は、徹頭徹尾、愉しい場面に満ちあふれている。

 www.youtube.com

 これまた超がつくスタンダードナンバー『マクサンスの歌』。数えきれないほどのシンガーが歌い、フィル・ウッズビル・エヴァンスが名演を残している。ミシェル・ルグランのナンバーとしては、国際的に『風のささやき』と並んで一、二を争う知名度がある。ぼくはマラガや台北のラウンジで、これらの生演奏を聴いた。

 これだけ切ないメロディーだのに、深刻な感じは受けない。そこがまた、いい。

 www.youtube.com

 グローバー・デールとジョージ・チャキリス の小粋なデュエット。アメリカを体現する名優が、その魅力をいかんなく発揮している。なにげない仕草や目配せにまで神経が行き届いている。さらに、観ればお気づきになろうが、画面に映りこむ人物すべてが、演出と振付によって完璧に制御されている。

 その徹底ぶりが嬉しくて、観ている間じゅう笑いがこみ上げてくる。

 www.youtube.com

 邦題『水夫、友達、恋人、夫』。間奏のフルートのアンサンブルに度肝をぬかれる。ミシェルのペンが冴えにさえ、アドリブを奔るペンで描ききっている。かれの施すアレンジはカラフルで豪胆で、ゴージャス。だけど、たとえばストリングスの音色に、どこまでも高く広がる青空を見あげたときのような、いいようのない哀しみというか、寂寥を覚える。その幾重にも折り重なった複雑な色合いを聴くたびに、ぼくは深いため息をつく。

 www.youtube.com

 ロシュフォールは実在する町で、 ビスケー湾に面した、壮観な軍事施設のある、港町である。日本でいえば、呉や佐世保のようなところです(たぶん)。

ジャック・ドゥミがここを選んだ理由は、かれが思い描く大がかりなダンスシーンを、「何ものにも邪魔されず、自由に演出できる(コルバート)広場があった」からだという。加えて「ミュージカルの魂はどんなに平凡な場所にも宿る」ことを証明するために、敢えてこの町を選んだのである。(CD「完全版」、濱田高志氏の解説より)

 ロシュフォールは、実在の町ではあるが、実際には存在しない架空の町でもある。ジャック・ドゥミは、町並みや家屋の壁をカラフルに塗り替えることも辞さなかった。イメージした仮想空間を映しだすために、かれは妥協しなかった。なぜなら、ロシュフォール』という町そのものが、この映画の主役だからだ。

 www.youtube.com

 そう、これほど徹底した町は、地球上のどこにもない。画面に現れる人びとは、たとえそれがウェイトレスであれ、水兵であれ、警官であれ、舞台を囲む群衆であれ、みな例外なく美しく、スタイリッシュで、楽しそうに歩き、語らい、働く。だけどその愉しさの裏には、いいようのない哀しみが内在している。虚構の町に棲むかれ・かの女らは、このミュージカルが終わればみな散り散りに別れる。予感しつつも、その瞬間を歌い、踊り、笑いながら過ごす。存在の儚さを慈しむかのように。

 

 大団円のエンディング曲では、すべての旋律が走馬燈のようにくり出されるが、これはDVDを購入するなり、YouTubeの有料チャンネルに300円を払うなりして、確かめていただきたい。そういえば昨年惜しまれつつ引退したフィギュアスケーター町田樹さんが、映画の振付をよく理解した上で、エキシビジョンに使っていた。


Tatsuki Machida EX 2014 WC

 

 さて、

 f:id:kp4323w3255b5t267:20150804204605j:image

 最後に。「関連」に愉快な映像があったから、これも紹介しておきます。

2013/04/14 【4月14日 AFP】フランス・パリ(Paris)の市役所前で13日、故ジャック・ドゥミ(Jacques Demy)監督の「ロシュフォールの恋人たち(Les Demoiselles de Rochefort)」をテーマにしたフラッシュモブが行われた。現在開催中の同監督の回顧展、「The enchanted world of Jacques Demy」のプロモーションの一環として、フランスの映画の総合施設「シネマテーク・フランセーズ(Cinematheque Francaise)」が実施を呼び掛けた。(c)AFP 

 「日本人は、いつまで経っても、カトリーヌ・ドヌーヴが活躍した頃のフランスに憧れているが、それははっきり言って田舎者としかいいようのない、時代遅れの感覚である」といった、辛らつな意見があるのも知っている。

 田舎モノでも、いいじゃないか。

 それは西洋人がこよなく愛す、小津安二郎の映画に見られるような、奥ゆかしく慎ましやかな、古き良き時代の日本社会への郷愁と、さして変わりはないのだけれども。

 このモブシーン、たしかに企てられたものかもしれない。でも一昨年だ、現在のフランスにもジャック・ドゥミの精神が息づいている証明にはならないか?

 www.youtube.com

 

 フランスは、フランス人は、よく心得ていると思うよ、自分たちがどう見られているのかを。

 だから広場で歌い、踊るのも、ごく自然に(見えるように)振る舞えるのだ。

 それは祝祭空間の演出というよりも、日常あるいは常識からの、ちょっとした逸脱であり、

「ハレ」と「ケ」にキッパリ分別する習慣のある日本社会では、難しいことなのかもしれないが、

「生きていくことの息苦しさから一瞬だけ逃れる方法」を、『ロシュフォールの恋人たち』から学ぶ、いや感じとることなら可能ではないだろうか?

    もちろん、それを実際の行動に移すことはカンタンではない。個人の自由のみならず、他人といかに調和すればいいのかを、常に念頭におかなくてはいけない。動作にも思考にも、訓練が要求されるのである。

    ほんとうの“liberté”を獲得するためには。

(ついつい書き足してしまった。非難でも批判でも否定でもない、これは一種の批評だよ。でも・デモ・Demo)

    とりあえず今日ぼくは、軽やかにステップを踏みながら、床をモップがけしてみた、

「♪ ミ・ファ・ソ・ラーミーレ、レ・ミ・ファ・ソソソ・レド」って鼻歌をうたいながら。

「イワシさん、楽しそうに掃除しますね」って笑われちゃったけど。

    現実逃避に読み違えられたって、かまうもんか。

    それって労働を厭わずに愉しむ術なんだから。

 

 

【参考】 

『パリから向かうフランス映画の港町 ジャック・ドゥミとヌーヴェル・ヴァーグの故郷を訪ねて シェルブールから、ロシュフォールまで』の関根敏也さんとお話した | 都市文化生活

 

【追加】

 Youtubeに全編がアップされていた。いつ削除されるかは分からないけど、お中元としてありがたく拝聴しましょうか(スペイン語字幕つき)。

 あ、こんなのも発見しました。舞台版『ロシュフォール』。

? 00 Les Demoiselles de Rochefort ComediaMusical SubttsYinA4 ResincronizadoOK - YouTube

 私的な評価は保留しますが、今日性という意味合いを鑑みると意義のある公演(解説によると2003~04年)ではないか。時代の変遷とともに、テキストはいろんな解釈が可能であると思う。