読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鰯の独白

鰯は、鮪よりも栄養価が高いのです、たぶん。

レントより遅く

 

 

久しぶりに四行定型詩でも書こう。

f:id:kp4323w3255b5t267:20150626133427j:image Manic Mushroom. 名前は不明。

初っぱなはプレストで駆けだした。

人を出し抜けばいいとっていた。

早ければ早いほどいいとったし、

速ければ速いほど優秀だとった。

 

立ちどまるなと言い聞かせていた。

停まったら負けだと錯覚していた。

走ること自体が目標になりかわり、

走ること自体が目的に適っていた。

が、

そのままずっとキープは不可能だ。

息切れの行く末が見えるに従って、

きみは徐々にスピードを緩めだす。

自分のペースでいいじゃないかと。

 

かつてはアレグロで走りおおせた。

今ではアンダンテもおぼつかない。

レントより遅く、のろのろと歩く。

レントより遅く、かろうじて進む。

 

 

できるかできぬかを見極める前に、

向こう見ずに飛びだした最前列へ。

いちいち行動を検証することなく、

その時々の熱に煽られるがままに。

 

危ないぞ止めときなという忠告を、

半ば無視する形で強引に推しみ、

これ以上二も三も行かないと、

自覚するまで脇目もふらなかった。

が、

瞬発力はもちろん持久力も衰えて、

立ちどまることの方が多くなった。

きみは言い訳の材料を探している。

だって◯◯だから◯◯できないと。

 

以前はアレグロで駆けぬけられた。

今じゃアンダンテも怪しいもんだ。

レントより遅く、果てしないを、

太陽に炙られて、じりじりと進む。

 

後退する術を学ぶことはなかった。

引き返すがあったにも関わらず。

レントより遅く、のろのろと歩く。

レントより遅く、終止符を打つ迄。

 

(せめてもの)

ぼくやきみみたいな、

年寄りにできること。

行く手を阻まぬよう、

後進にを譲ること。

 

 

iPhoneより投稿