鰯の独白

鰯は、鮪よりも栄養価が高いのです、たぶん。

鯖を読む

 
今日、帰ってきてこのブログにログインしてみたら、アクセス数が2万人を超えていた。
昨年の11月に1万を超えているので、指折り数えてみたら、約5ヶ月でのべ1万人の方々が訪問してくださったことになる。
心からお礼を申しあげます。
 
データを見ると、以前はツイッターからのアクセスがほとんどだったが、最近ではグーグルやヤフーからのアクセス数が上回っている。もちろんその稼ぎ頭は黒木さんの裁判傍聴記だけれども、最近では他にも意外な記事が読まれている。軽いエッセイふうの読み物が好まれているみたいだ。その傾向に迎合して、軽めのエントリを書きたい気持ちはやまやまなのだが、いかんせん根が暗く重たい性格なので、どうしてもエゴが露わになった、底意地の悪い文章に偏ってしまう。
軽いのを書くのは、それなりの技術が必要なのだよ。肩の力をぬくには、地肩が強靭でなくてはならない。
まあ、今後も(スパイナル・タップみたいに)10あることを11くらいに増幅した、余すところなく書きもらしのない、暑苦しくも内容スッカラカンな記事が、大半を占めることになるだろうけど。
どうか、今後もおつきあい願います。
 
でも、考えてみたら、2万とはすごい数字だ。そのうちの半分は、たぶんチラ見してオシマイだろうな。またそのうちの半分は、めあての記事だけを拾うのだろう。で、そのまた半分が、前後か関連の記事を読むはずだ。何編か読んでくれる奇特な御方はそのまた半分か。それでも1250人。のべとはいえ一寸したもんだ。投稿するたびに訪問してくれる人数となると、ぼくが想像するに50人足らず。何度も熟読してくれるディープな読者は、おそらく20人程度だと推察する。
いや、ありがたいことです。
 
え、鯖を読むな、だって。
ざっくり数えすぎだろ、あやふやな数字を並べるんじゃない、ですって?
ぼくはイワシさ、サバじゃないけど。一山幾らでしか、勘定できない。放っておいたらすぐ腐るのは、青魚族の宿命だけどさ、締めるなり捌くなり、天日に干すなりお好きにどうぞ。カタクチイワシの口は堅いぜ、サバみたくあたったりやしない。出汁にするのはしょっちゅうさ。いちばん出汁にしたのは他ならぬぼくだ。ならば、先ずはぼくを批判するのが筋じゃないか?
いかんいかん脱線、またもや調子に乗った。今宵はこのへんで〆にしますが、こんな支離滅裂をこれからもポストし続けます。間歇的に不定期に。シェフの気まぐれサラダ風に。
 
 
では明後日、法廷でお会いしましょう。
ご精読ありがとう。
 
f:id:kp4323w3255b5t267:20150422224444j:plain
 
しかし、難しいお題だったな。不出来のお詫びにチャイを載っけておきます。〈鰯〉
 
 
 
 
広告を非表示にする