読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鰯の独白

鰯は、鮪よりも栄養価が高いのです、たぶん。

赤い靴

poetry
 
 小学二年生のときに、
 母が赤い靴を買ってきた。
 日ごろ履きなれた白ズックと違って、
 すこぶるしゃれたデザインの靴だった。
 
 赤い靴を履いて歩く姿を想像すると、
 ぼくはわくわくして、
 なかなか寝つけなかった。
 
 翌朝、颯爽と玄関を飛びだして、
 赤い靴を履いて学校の門をくぐった。
 ところが下駄箱の前にたどりつくなり、
 刺すような視線が、足もとに注がれたのだ。
 
「こいつ女の履くような靴を履いとる」
「赤か色は女の色ぞ、おまえは女や?」
「なん学校に来るとに格好つけとるや」
「女の腐れたようなやつね、あんたは」
 
 やっかみ半分と妬みが半分の、
 軽蔑や嘲笑の混じった罵声を浴びて、
 ぼくは動揺し、狼狽し、うずくまり、
 その場に膝を抱えて涙を流した。
 
 そのとき、級友のひとりがさけんだ。
「よさんや、みんなしてからかうのは!
 ご両親に買うてもろた新品じゃなかや、
 悪口いわれたらジブンはどがんや?
 
 腹がたつだろ? 悲しくなろうが。
 大勢でひとりを苛めるもんじゃなか」
 正論に誰も、何も言い返せなくなって、
 下駄箱のまわりから散っていった。
 
「だいじょうぶね、まあ気にしなすな、
 赤いけど、カッコいい靴じゃなかや」
 正義感にあふれたひとりの級友は、
 肩に手をまわして、ぼくを励ました。
 
 だけど不思議なことに、
 そのときぼくが「憎い」と思ったのは、
 野次った大勢の「かれら」ではなく、
 同情してくれた「そいつ」だった。
 
 
 その後、玄関の下駄箱の奥で、
 二度と履かれることなく、
 赤い靴は埃にまみれた。
 
f:id:kp4323w3255b5t267:20141128215858j:plain
ウインショッテン(バラ)の花殻
 
 
広告を非表示にする