読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鰯の独白

鰯は、鮪よりも栄養価が高いのです、たぶん。

夏のなごりの (朗らかな排除)

子どものころは一日が、一夏が、一年間が、いまよりもずっと長く感じられました。それこそ、無限に続くかと思われるくらいに。

何も描かれていないスケッチブックのように、まだ開かれていない本のページのように、茫洋たる未知が、目の前に広がっていたのです。

 

じりじりと焼けつくような陽ざしが少年の首筋を焦がしている。

正午の太陽は天頂にピンで刺されたようにまんじりと動かない。

塗られたばかりのアスファルトを避けるようにして歩いている。

まるで神経をちりちりと焼ききられているようだと少年は思う。

 

 

十代になったばかりの子どもが思いついた、他愛のないゲーム。

いさかいの原因がなんだったのか、誰もなにも覚えちゃいない。

ただクラスの男女が、ある日をきっかけに口を利かなくなった。

互いに男子が悪い女子が悪いと言い募り、対立は激化していた。

 

少年ともうひとりの少年に、スパイになれという指令が下った。

女子チームに潜伏し、情報を収集してこいとリーダーは命じた。

男子チームには与しない、ぼくたちは女子の味方だと吹聴せよ、

ただし連絡を怠るな、相手の動向を探り逐一報告するべし、と。

 

重要な任務を担ったふたりの少年は、おおいにその気になった。

女子の仲間にまんまと加わって男子の横暴を声高に唱えていた。

じっさいちやほやされていたから少年はまんざらでもなかった。

が、女子の味方だという幸福な期間は二日三日と続かなかった。

 

放課後になるとふたりは男子のアジトである体育倉庫に向かう。

その様子を目撃した複数の女子から、スパイの嫌疑があがった。

すぐさま査問委員会が開かれ、男子チームの走狗であると判明、

窮地に陥った少年ともうひとりはプールサイドへと連行された。

 

女子リーダーは厳かに言った、処分を下さなければなりません、

裏切られたわたしたちがどんな気持ちだか身をもって思い知れ。

そして少年ともうひとりはプールを囲む金網に押しつけられた。

風のひと撫でした水面が細波に揺れる瞬間を少年の目は捉えた。

 

女子による平手打ちの乾いた音がプールサイドに響きわたった。

最初は躊躇いがちに、しかし次第に殴打は激しくなっていった。

とつぜん、もうひとりの少年が、泣きながら自己批判し始めた。

もっとなぐれ、みんなを裏切ったぼくは卑怯者だったと訴えて。

 

その様子を横目で見ていた少年に、おかしさがこみ上げてきた。

ククッとほくそ笑んだ途端、リーダーの痛烈な一打を食らった。

なにがおかしいの?あなた自分の立場わかってんのと難詰され、

少年は、くだらない遊戯にはつきあってられないなと毒ついた。

 

だって滑稽じゃないか、こんなの学生運動の真似事じゃないか。

ばかばかしくてやってられない、先に降りるよハイさようなら。

いちぬけた!とわめきながら少年は女子のあいだを駆けぬけた。

呆気にとられている女子たちを尻目に、一目散に家へと帰った。

 

 

翌日、重たげな気持ちを無理やり奮いたたせて登校してみると、

少年の目に映ったクラスは、いつものように平穏なものだった。

いや違う、昨日まで口も利かずに冷ややかだった男子と女子が、

和気あいあいと、なにごともなかったかのように談笑していた。

 

これはいったいどうしたことだ、と目を疑った少年の目の前に、

男子のリーダーがつかつかと寄ってきて、一言だけ、と断った。

ゲームは強制終了したんだよ。これがお前の望んだ結果だろう?

その後少年は、授業中以外、誰からも話しかけられなくなった。

 

無視は一ヶ月ほど続いたが、少年には永遠のように感じられた。

誰も表だって非難はしないが、朗らかな排除は徹底されていた。

ただ女子たちはこれ聞こえよがしに、男らしさを賞賛していた。

男らしいもうひとりは、やがて女子リーダーと交際しはじめた。

 

 

焦げくさいアスファルトの臭いはまだそこかしこに漂っている。

こうべを垂れた稲穂が少年の往く道の周りを取りかこんでいる。

とつぜん、秋の気配が黄金色の豊穣を揺らしながら掠めていく。

瞬く間に通り過ぎる風のゆくえを少年の瞳は追いかけつづけた。

 

f:id:kp4323w3255b5t267:20140828161452j:plain
                【お断り】 これは1973年ごろのお語です、念のため。