読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鰯の独白

鰯は、鮪よりも栄養価が高いのです、たぶん。

日本くん、だいじょうぶ?

f:id:kp4323w3255b5t267:20140611030707j:plain
 
 
日本くん、だいじょうぶ?
平気だよ、問題ないさって気丈にふるまっているものだから、ぼくは遠巻きに見ているんだけどね。
なんだか心配だよ。
それに、危なっかしいよ。
突ついたらすぐに爆発しそうなんだもん。
おっかないから、近寄らないようにしているんだ。
 
ぼくのスタンスは、ズルイかもしれないなあ。
いじめのように感じるかもしれないね。
だけど日本くん、共倒れはゴメンだな。
お金持ちだと思ってたけど、実際はそうでもなさそうだしね。
つきあうメリットがほとんどないんだよ。
だから悪いけど、手を引かせてもらうね。
 
病んでいるものが、自分は病んでないと言い張ってるかぎり、他人は病とは認識してくれないもんだよ。
病んでいる状態を自覚して、正直に打ち明けることで、他人ははじめて、ああかれは大変なんだなと気づくのさ。
病んでいる人を見放しておくほど、病に困っている人を放置しておくほど、ぼくは薄情ではないつもりだよ。
だけどね、いまの状態じゃ、動きだそうにも動きだせないじゃん。
きみがそうやって、頑なになっていては。
病んだ状態のまま、ひたすら我慢しているようなら、たとえ辛そうにしていても、他人は手を差し伸べない。
相談してくれたらいいのにと思っていても、いやいいです、自分の問題ですからと、差し伸べた手を振り払われたら、ぼくとしても、ああそうかい、それなら勝手にするんだなって態度になるよ。
親切が仇になっちゃうもんね。
いまの日本くんには、たぶん誰も手を差し伸べてくれないと思うよ。
 
ちょっとは自分の病状を自覚したらどうかな。
心の問題だからと、合理化したりしないで。
そも、心の問題っていったいなんなのさ?
なにごとも心の問題で処理してしまうから、破綻をきたすんだよ。
景気が悪いのは気のせい。
給料が悪いのも気のせいか?
自分がいま置かれている状態を、いやこれは心の問題だと内面化しているようでは、困難な状況からは、ぜったいに脱出不可能だぜ。
そんなの、ぜんぜん合理的じゃない。
ほら、きみの得意技、「精神論」。
気持ちをしっかり持てば事態は好転するとした、空虚なお題目。
心の問題とは、安直なマジックワード
政治家が、「それは心の問題です」といっているときは、用心するんだぜ。
それは、「政治では解決不可能な問題です」と言っているのと同義だから。
単刀直入にいえば、そいつは「誤魔化し」だよね。
日本くん、心の問題に、すり替えちゃダメだよ。
 
な、いい加減、目を覚ましたらどうだ?
日本くん、いまのきみはあきらかにおかしいぞ。
自家中毒に冒されている。
自分がいちばん美しいと思いこもうとしている。
ぷ。
錯覚だよ。
可愛いとこもあるんだけどね。
美点も多々あるんだけどね。
自分ぼめしてりゃ世話ないね。
ナルシズムなんてことばには当てはまらないね。
ファナティックな思いこみ、幻想だよ。
それこそ重症さ。
傍からみてると、まったく滑稽だ。
よくきみは、誇りを持てと自分に言い聞かせているようだけど、
自分を賞賛する行為は、もっとも誇りからかけ離れたものだぜ。
プライドのかけらもありゃしない。
みっともないから、もうおよし。
自分自身を「美しい」と称揚するのは。
 
で、日本くん、だいじょうぶ?
きみは、ケンカが不得手だろ?
体力も劣るし、胆力にも欠ける。
議論は下手だし、すぐに膨れる。
交渉の余地なんて、全然ナシね。
ちゃぶ台ひっくり返すというの?
挙げ句の果てには、集団的自衛権
ハハ、笑っちゃうね。自己正当化の論理。
そんな屁理屈、まわりはとっくに見破ってるよ。
ああかれは、戦争したがってるんだなって。
だから、近づかないんだよ。
おっかないもん。
触らぬ神に祟りなし、君子危に近寄らず、さ。
これ、きみん家の格言だろ?
あ、後者は中国くんか。
とにかく、あまり他所様を見くびらないほうがいいね。
ご近所づきあいはとっても大事だよ。
そんなの、オトナの常識じゃないか。
いったいきみは、いくつになったの?
まだ子どものつもりでいるんじゃなかろうね。
自分の意思が通じないと、すぐさまかんしゃくを起こすって、
それ、精神年齢が低すぎやしませんか?
とにかく、ケンカはやめろよな。
無意味な強がりは見苦しいから。
日本くん、弱虫だってとっくにバレてるし。
意気がってると、そのうち痛い目にあうぜ。
 
まあいいさ、いままで忠告したことは、ぜんぶいったん忘れてもいい。
ただ、これだけは言っておくぜ。
原子力発電所をどうにかしろよ
迷惑なんだよ、あのまま放ったらかしにされておくのは。
日本くんが真っ先にしなくちゃいけない宿題さ。
そいつを片付けないかぎり、つきあいは御免だぜ。
オリンピックなんて論外だ。
遊びにばかり感けて、やるべきことをやらないようなら、
こっちも、それなりにしか対応しませんからね。
きみは確かきれい好きだったよね?
だったら身奇麗にしなよ、頼むから。
 
日本くん、
ぼくはなんだか書いてるうちにだんだん虚しくなってきた。
自覚がないやつに、いくら唱えたって詮ないことだもの。
痩せガマンしてるきみに、いくら言ったって無駄だろうなと、半分あきらめている。
だけどーー
病んでいることを自ら認め、その病状をまわりに正しく伝えられるようだったら、まだ見こみはある。
救いの手は差し伸べられる。
治療を施すためには、病と向き合う姿勢を示さなくちゃならない。
心の問題で、片づけてしまわずに。
お願いだから、素直になっておくれよ。
日本くんを、世界の仲間たちから外したくないんだよ。
……え?
ぼくかい?
アメリカ? いいや。
EU? 違うな。
中国・韓国・ロシア? まさか。
ぼくは、ぼくだよ。
非国民でも売国奴でもないさ。
日本くん、ぼくの正体はね、
きみの「こころ」さ。
きみのこころが、良心が、本心を訴えているんだよ。
ぼくの口を借りてね。
 
日本くん、
ホントは、わかってるんだよね?
もう、平気じゃいられないことに。
だいじょうぶじゃないってことに。