鰯の独白

鰯は、鮪よりも栄養価が高いのです、たぶん。

ローラの肖像(1947年10月18日~1997年4月8日)

ぼくは四六時中ローラ・ニーロを聴いているわけではない。

f:id:kp4323w3255b5t267:20180408191551j:image

だけども年に何度か、ローラの歌声に耳を傾ける夜がある。聞いたら最後、確実に引き込まれる。他の歌い手と違って聞き流せない。集中を余儀なくされる。余所見のできない感じがする。

ところが先日、ふとした場面で、この歌を聞いた。

open.spotify.com

ある方の編んだCDRに潜まれた「セクシー・ママ」に胸を衝かれた。初期の切迫感は薄れたものの、歌声に包容力がある。新鮮に響いたのだ。そこで今夜は、この『スマイル』から始まる、自然と緑に囲まれた日々を綴った、ローラ後期の活動に焦点を絞ってみよう。くしくも今日は4月8日、1997年にローラがなくなった日である。

open.spotify.com

ローラは動物が好きだった。生きるものの権利を真剣に考える人だった。この「キャット・ソング」は何の企みもなく、猫の行動をつぶさに観察し、それを歌ったものだ。

open.spotify.com

谷内六郎のイラストも印象的な77年のライヴ盤『光の季節』。極上のメンバーによって奏でられる『イーライと13番目の懺悔』収録の名曲「タイマー」は当時の彼氏ジョン・トロペイによる、時計を思わせるギターの刻みに驚嘆する。

open.spotify.com

78年『ネステッド(邦題:愛の営み)』より、「ひかり-ポップの原理」。性愛と宇宙が一体となった法悦境を、さりげなく歌う。曲調がどことなくトッド・ラングレンっぽい。

open.spotify.com

同年NYボトムラインでのライヴ録音。ローラのライヴ盤となると71年のフィルモア・イーストが名高いが、あの『飛翔』の一曲め「アメリカのハト」と、この「アメリカン・ドリーマー」は、対をなすかたちで配置されている。

open.spotify.com

ぼくの大好きなトッド・ラングレンとローラの夢の共演は、この「マン・イン・ザ・ムーン」ともう1曲「ツリー・オヴ・ジ・エイジズ」である。しかもギターではなく、シンセサイザーでの参加。佳曲の多い『マザーズ・スピリチュアル』の中では地味な印象はいなめない。でも、2曲だけでも収録されたんだ、よしとするか。

open.spotify.com

「トゥ・ア・チャイルド」で始まり「マザーズ・スピリチュアル~リフレイン」で終わる、84年のコンセプチュアルなアルバム、できれば全編を通しで聴いてほしい。

泣くから。


Laura Nyro-The Confession/High Heeled Sneekers

ここで矩をこえてYouTubeを貼ります。Spotifyには権利関係からか、この89年ボトムラインでのライヴ盤がないので。個人的には77年のバンドよりもローラとの相性がよいと思う。とくにギタリスト(同じイタリア系)ジミー・ヴィヴィーノのリックを絡めたコードワークがゴキゲンだ。

open.spotify.com

93年発表の『抱擁~犬の散歩はお願いね、そして明かりはつけておいて』は邦題も秀逸ならば内容も一級品だ。スティーリー・ダンをプロデュースしたゲイリー・カッツにより入念に拵えられたアルバムとして、キャリアの集大成として位置づけられよう。こういう「真夜中のオアシス」を思わす軽快なナンバーもあれば、

open.spotify.com

女性の権利を高らかに謳う「ウーマン・オヴ・ザ・ワールド」のようにシリアスなナンバーもある。が、余計な力の抜けた歌唱法で、聴く側に負担を与えない。これは(R&Bの模倣段階だった)初期のローラでは到達し得なかった、自然体の境地である。

しかし、ローラは1997年の春、49歳で夭折する。

kp4323w3255b5t267.hatenablog.com

ぼくは、こんな架空インタビュー記事を書くほど、ローラ・ニーロに入れこんだ。多くのローラファン同様、思い入れは相当なものだが、しかし、ともすればこの過剰な贔屓が新規リスナーの参入を阻んでいたのではないかという反省がある。というのも、昨年音楽好きな大学生と話していたとき、彼はジュディ・シルを知っていたのに、ローラのことを知らなかった。ショックだった。順番あべこべだろ、とぼくは感じた。

だから、今回はあんまりシリアスな側面を強調しすぎないよう心がけた。どうか気軽に触れてほしい。ローラの残した音楽は決して重くもなく、怖くもないし、また、彼女のメッセージ性を前面に出した歌詞、ナチュラリズム志向や一貫したフェミニストの姿勢も、2018年のこんにちだからこそ、抵抗なく理解されるものだと思う。

さあ、最後に何を聴こうか。ネイティヴ・アメリカンに思いを馳せた「ブロークン・レインボウ」か、バート・バカラックのカヴァー「ウォーク・オン・バイ」か、それとも私のモットーでもある「シリアス・プレイグラウンド」にしようか.......

うん、今夜は軽く締めくくろう。03年の『エンジェル・イン・ザ・ダーク』より、バイーアの風をかすかに感じるようなアレンジの「ガーディニア・トーク」を。

open.spotify.com

Gardenia talk It’s spring

Gardenia talk It must be spring

Oh, maybe I’d like to know you

Struck by the poetry

I know it’s not the time to show you

I may know you in my dream

you never hear me

Talk the talk Talk the talk of love

Swoon like a teenager

Oh!

(拙訳)

クチナシのお喋り それは春ね

クチナシのお喋り 春でなくちゃ

あー、たぶんわたし、あなたを知りたい
詩情に打たれて
分かってる、まだあなたに見せられない
わたし、夢の中のあなたを知ってる

聞かないでね、

話す話は、愛の話

あー、10代みたく卒倒!

(お粗末)

2017年12月のMedium

 

学校と制服

これは凄い、何度も観てしまった。

佐々木敦氏がほめていたから観てみたけれども、

アイドルネッサンス「5センチメンタル」(MV

好きなテキストではないし、視聴していてなんとも言えない違和感を覚えた。けれども、その引っかかりを無視できるほど私は感度を鈍らせたくない。この稚拙なようで、じつは用意周到なプロモーションヴィデオには、スマフォ全盛の時代の録音とは何か?との意識を強烈に喚起させられる。

という2日前の感想は、今朝になって覆された。違和感の正体を別の動画で発見したからだ。

だって正直いって絵面が嫌い。今日たまさか見かけた、ハウスシチューの(Webの)コマーシャル映像に似ている。「女子高生」の見せかた、扱われかたがステロタイプで気味が悪い。


湯川玲菜、“クリームシチュー役”で冬の王様“鍋”に「ライバル宣言」

いつまで公開されるかは分からないが、このCFをみて私は食欲が失せた(追記:やっぱり秋元康が絡んでいた)。

AGFの乳牛や鹿児島の鰻などと同じように、若い女性を食べものに擬えるという「男性目線」のWeb広告は、どうしようもなく陳腐で、古くさく感じる。

それ以上に、

たぶん私は、学校と制服が嫌いなんだろう。階段や廊下や教室を背景の夢や希望や甘酸っぱい感傷を求めていないのだ。

個人的に嫌な思い出があるわけではないのだが、校舎と制服姿が画面に出てくるたびに、うんざりしてしまう。

だから、

たとえ最初に示した動画の、画面の移動にしたがって歌声の遠近が変化するという、シンクロの秀逸なアイディアでさえも、学校が舞台で主人公が制服を着用しているかぎり、私には制度の内側からはみ出なすことのない窮屈な表現だとしか映らないのである。

と同時に、

いい加減に日本社会は、女子にすべてを担わせるのはやめたらどうか、と思う。

今回は年寄りの繰り言みたいになった。

あー歳をとるのは嫌なもんだねぇ。

What a drag it’s getting old!

鰯(Sardine)2017/12/06

 

【12月7日の追記】

いや、学校を舞台に、主人公が制服を着ていたってかまわないんだよ。40年近く前のこのコマーシャルを凌駕できるのなら。


1978年 資生堂CM 口紅「初恋」

演出:実相寺昭雄 出演:薬師丸ひろ子

 

明治150年?
最近Twitterに投稿した文章を、そのままC&Pします。Mediumの皆さんはどう思われますか。

f:id:kp4323w3255b5t267:20180507195458j:plain
①「明治150年」のポスターなんだそうな。内閣官房「明治150年」関連施策推進室からの貼付依頼。「明治150年」の機運を高めていくため、多くの住民の目に留まるよう積極的な貼付をお願いします、とのこと。「150年」?考えすぎかな。

(註:「世界一のクリスマスツリー」なるイベントの「樹齢150年」という謳い文句を暗示させている。)

② 前に示したキャンペーンのポスター、あえて説明しなかったけど、危ないとは思いませんか。

③ 怖いのは、何枚貼ったか実績を報告するように、と通達文書に記してあるところです。単純に戦前回帰とは言いたくありませんが、なんとも強圧的な周知徹底ぶりではありませんか。

④ つまり「明治150年」のポスター何枚が、どのように貼られたかを調査しますよ、各自治体は報告しなさいと通達しているんだぜ、内閣官房の名の下に。おっかないとは思いませんか。

⑤ パッと見は地味だけど、ロゴを含め、やたらと凝った意匠のポスターです。金かかっている。

⑥ ぼくは怖いね。だって、このポスターの目的は、国民の意識をある一定の方向へと導くことだから。なぜ明治を起点にするのか、なぜ貼られた実態を内閣官房が調査すると通達するのか。

⑦ 政府の意図は透けて見えますが、賛否を問うまでもなく言えることがありますね。「税金の無駄!」

②から⑦まではすべてメンションに対する私の返信です(どんな意見が来たかは想像してみてください、少なくとも「クソリプ」ではなかった)。

さて、このように問題を提起しました。私にとって、この情報を流すことは、少なからずリスクを伴う行為です。

ですが、投稿しないよりもするべきだと思った。小さな一石を投じることで、どれくらいの波紋が広がるかはさだかではないけれど。

実際のアクション?常に起こしてますよ。

鰯(Sardine)2017/12/11

 

覚書;タメを作る

f:id:kp4323w3255b5t267:20180507200425j:plain

創作するのに今は良い時代だ。思いつきを即、記録しておけるから。着想を逃す心配がなくなった。

アイディアを忘れて途方にくれることはない。見たままを瞬時に撮影しておくことも、ひらめきを下書きに控えておくことも、いい感じの鼻歌を録音しておくことも、とりあえずキープしておけば安心だ。

創作するのに今は便利な時代だ。貯まった素材を自由に編集できる。

トリミングしたり色調を整えたり、別々のテキストを繋ぎ合わせたり、圧縮したり同期させたり、まあ色々と、まとめるための技術が進歩している。

で、出来上がったら簡単に発表できる。迷ったり躊躇ったり逡巡することなく、クリックした瞬間、即座に公開できる。

まさに「インスタ」ントな表現者が、即席でこしらえた作品を披露できる。機会は均等に、有名無名を問わず、「私の今」を反映した感性を競いあう。

なんと素晴らしい夢のような世界。人類はついにここまで到達した、誰もがアーティストを名乗れる時代!

が、

いとも簡単にアップできるがゆえの、表現物には致命的な欠陥がある。

それは、年月の経過が培うところの、何度もくり返し鑑賞に耐えられる程の、作品そのものの勁さや逞しさや、手強さや奥深さに欠けるということ。

受け取った者の心を捉えて離さない、作品に繫ぎとめる力が備わらないのだ。思いつきをそのまま放流してしまうと、食いつきやすいが飽きられるのも早い。簡単に底が割れ、見切られてしまう。熟考の跡なきを見透かされてしまう。薄っぺらさを、内容の浅はかさを。

だから覚えておくことだ。何かヒントなるものが閃いたときに、それをすぐさま記録するのではなく、書きとめて安心するのではなく、覚えておくことだ。

すぐに忘れるようならば、それは取るに足らないものだ。どうしても忘れられなくなるまで、何度もなんども、頭の中でくり返し、アイディアを固めていくがいい。

そのプロセスで失うものもあるだろうし忘れてしまう部分もあるだろう。でも、忘れてしまう程度ならば、それは大した着想ではない。自分の心すら支配できないのであれば、人の心を掴むなぞ到底不可能である。

一語一句、忘れられなくなるほど、考えは、練らなきゃならない。

自信は大切だ。自信がなけりゃ創作は不可能だ。創造の推進力には、自惚れが必要だ。

ああ好きだなあ、いけるんじゃないか、上手くいきそうだ、この感じ悪くない、手ごたえアリだ、よしこの調子だ、と、自惚れるマインドがなけりゃ、なかなかものにはできない。

だから、自信につながる自惚れは必要だけども、とりあえず記録してしまうと、とかく人間は怠けものだから、「とりあえず」の段階で満足してしまう。

閃きを素朴な感情の発露だと勘違いし、これで十分だ、と錯覚してしまう。それが運よく人に褒められたり、ちやほやされたりされると有頂天になる。

実力の発揮だと。

違うちがう。それはテクノロジーの発達に過ぎない。さまざまな記録保存装置の、恩恵にあずかっているだけなんだよ。

もちろん自信は持つべきだ。けど、あまり自惚れなさんな。

ポール・マッカートニーは、ジョン・レノンと曲を作るときに「覚えてしまうまでひたすらくり返して歌う」とインタビューに答えていた。テープレコーダーのない時代には、そうする以外他に道はなかったと。翌朝忘れているようなら歌はその程度の出来だったのだと自らに言い聞かせて。そのように、忘れようにも忘れられなくなる状態を、ポールはなによりも重視したのだ。

着想を形にするまでのプロセスを、私たちは得てして迂遠だとバイパスし、す早く即席でモノにしたがる。

だが待て。

そいつを世に送り出す前に、今一度、吟味してみないか。どこか改善する余地がないかどうか、も一度、確かめてみないか。

発表はいつだってできる。何も今すぐでなくたってかまわない。

タメを作るんだ、頭と、心の中に。

①歌をつくる秘訣。パッとひらめいた詞やメロディーを一日じゅう頭の中で鳴らし続ける。すぐに歌詞を書きつけたり録音したりしない。あいまいな箇所がなくなるまで、あーでもないこーでもないと試してみる。そしてありとあらゆる場面で、鼻歌でも大声でもいい、忘れられなくなるまで、しつこく歌ってみる。
②たぶん、詩をつくるのも同じ要領だと思う。ひらめきをつかまえる、くり返して覚えこむ、着想を逃がさないよう声に出して詠む。もう一度言う、声に出して、詠む。
③アマチュアでも、いやアマチュアだからこそ、着想をすぐさま形にするのではなく、じっくり練りあげる創作の態度が必要ではないか。私たちは名曲を15分くらいで書きあげてしまう、エルトン・ジョンではないのだから。

どうか誤解しないでほしい。

誰彼の、しなやかな感性を妨げるつもりはない。ただ、工夫する余地を見過ごすよりか、若い作品の場合、熟考を重ねたほうが、より良くなる結果が目に見えるから、それが私くらい歳をとると、ようやく分かってくるものだから、ついつい、余計な忠告をしたくなるんだ。

だから、その、つまり。

タメを作れ、すぐに結果を求めるな。

いずれ反応は返ってくるから、しっかりタメておくんだ。

と、ここ何日間か頭にめぐらした愚考を未編集のまま投稿しようと思う。

へっ、誰も読みやしないさ、覚書やメモの類は。

鰯(Sardine)2017/12/20

 

赤い靴

小学二年生のときに、母が赤い靴を買ってきた。

日ごろ履きなれた白ズックと違って、すこぶるしゃれたデザインの靴だった。

赤い靴を履いて歩く姿を想像すると、ぼくはわくわくして、なかなか寝つけなかった。

翌朝、赤い靴を履いたぼくは、颯爽と玄関を飛びだして校門をくぐった。

ところが下駄箱の前にたどりつくなり、刺すような視線が足もとに注がれた。

「こいつ女の履くような靴を履いとる」

「赤か色は女の色ぞ、おまえは女や?」

「なん学校に来るとに格好つけとるや」

「女の腐れたようなやつね、あんたは」

やっかみ半分と妬みが半分の、軽蔑や嘲笑の混じった罵声を浴びて、ぼくは動揺し、狼狽し、うずくまり、その場に膝を抱えて涙を流した。

と、

そのとき、級友のひとりがさけんだ。

「よさんや、みんなしてからかうのは! ご両親に買うてもろた新品じゃなかや、悪口いわれたらジブンはどがんや? 腹がたつだろ? 悲しくなろうが。大勢でひとりを苛めるもんじゃなか」

正論に誰も、何も言い返せなくなって、下駄箱のまわりから散っていった。

「だいじょうぶね、まあ気にしなすな、赤いけど、カッコいい靴じゃなかや」

正義感にあふれたその級友は、肩に手をまわして、ぼくを励ました。

だけど不思議なことに、そのときぼくが「憎い」と思ったのは、野次った大勢の「かれら」ではなく、同情してくれた、「そいつ」だった。

その後、二度と履かれることのない赤い靴は、下駄箱の奥で埃にまみれた。

初出;はてなブログ 2014/11/28:再掲

kp4323w3255b5t267.hatenablog.com

鰯(Sardine)2017/12/24

 

#FightTogetherWithShiori

追記(随時)

medium.com

ついに米ニューヨークタイムズがこの問題を取り上げた。が、日本のマスメディアは相変わらず黙殺している。

At last the New York Times picked up this issue. But the mass media in Japan are still silent.

www.nytimes.com

She Broke Japan's Silence on Rape

As the United States reckons with an outpouring of sexual misconduct cases that have shaken Capitol Hill, Hollywood,…
www.nytimes.com


NYT記事を個人が翻訳したブログ。

naomikubota.tokyo

レイプに関する日本の沈黙を突き壊す(NYT記事翻訳)

12月29日、New York Times紙が1面と8面を使って、長文の記事 "She Broke Japan's Silence on Rape" を掲載した。
naomikubota.tokyo
:この記事について、池内恵東京大学准教授が、翻訳の内容に異論を唱えているけど、それが意訳か誤訳かの判断は、各自原文と比較のうえ確認されたし。

NYTは中国語版も。

cn.nytimes.com

她打破了日本對性侵話題的沉默

她是一名新聞實習生,他是一位著名記者。在日本,性侵犯仍是一個人們諱莫如深的話題。在這裡,鮮有女性向警方報告強姦案,但伊藤詩織決定說出自己的故事。
cn.nytimes.com
また、仏フィガロ紙も取り上げている。

www.lefigaro.fr

Shiori Ito, l'affaire de viol qui secoue le Japon

Agressée par un proche du pouvoir, une journaliste se bat pour faire reconnaître les faits et dénoncer un tabou…
www.lefigaro.fr
さらに伊コリエーレ・デラ・セラでも。

www.corriere.it

Denigrata dopo lo stupro: Shiori sfida tabù giapponesi

Nonostante da due anni sia vittima di ripetute umiliazioni, la sua sete di giustizia non è stata scalfita. Nell'aprile…
www.corriere.it
BBCラジオによるインタビュー記事。

www.bbc.co.uk

Japan's #MeToo Moment, Business Matters - BBC World Service

Journalist Shiori Ito refused to be quiet about what happened to her
www.bbc.co.uk
BBC日本語版による日本語訳。

www.bbc.com

日本でも「#MeToo(私も)」の声 伊藤詩織さんの話

暴行や虐待、そして強姦について被害者が話をするのは、どのような状況だろうと辛く、困難なことだ。警察や司法の手続きを通じて正義を獲得しようとしても、被害者がほとんど乗り越えがたい障害に直面する国もある。 日本もそうした国の一つだ。…
www.bbc.com
英インディペンデント紙。

www.independent.co.uk

Japanese woman shatters culture of silence about rape

It was a spring Friday night when one of Japan's best-known television journalists invited Shiori Ito out for a drink.…
www.independent.co.uk
スウェーデン最大の新聞、ダーゲンス・ニュヘテル紙。

www.dn.se

Hon vågar gå först i Japans #metoo - DN.SE

När Shiori Ito var tio år tog hennes mamma med henne till ett sommarland. I en utomhuspool lekte hon glatt i den nya…
www.dn.se
ベトナムのニュースサイトにも。

dantri.com.vn

Cô gái Nhật phá vỡ 'truyền thống', kể về chuyện bị hãm hiếp

Mùa xuân năm 2015, một trong những nhà báo truyền hình nổi tiếng nhất Nhật Bản đã mời cô Shiori Ito đi uống rượu. Khóa…
dantri.com.vn
米ポリティコに掲載された、伊藤さん本人の言葉による記事。

www.politico.eu

Saying #MeToo in Japan

TOKYO - In late May, at a press conference in the Tokyo District Court, I went public about being raped. In Japan, it's…
www.politico.eu
イスラエルのニュース専門局の動画。

www.i24news.tv

i24NEWS - THE SPIN ROOM | Journalist...

THE SPIN ROOM | Journalist Ito breaks Japan's silence on rape | Wednesday, January 24th 2018
www.i24news.tv
米ABCニュースでも。

abcnews.go.com

In patriarchal Japan, saying 'Me Too' can be risky for women

Japanese women who say "Me too" do so at their own risk. Online comments accused Rika Shiiki of lying and being a…
abcnews.go.com

www.elle.fr

CNNの記事も追加しておこう(2017/04/22)。

edition.cnn.com

 

http://www.bbc.com/news/world-asia-43721227

How do we press the Japanese media?

日本のマスコミは何故、報じないのだ!?

鰯(Sardine)2017/12/31

 

2017年11月のMedium

 

追想(とりとめのない)

f:id:kp4323w3255b5t267:20180502170158j:plain

ときたま、昔のことを、ひどく懐かしく思うことがある。

たとえば今みたいな、仕事の合間の休憩時間、バックヤードでぼんやりしているときなんかに思いでがそっと忍び寄る。

私は数年前まで、都内の遺跡発掘調査の会社で作業員として働いていた。

交通費は往復千円で、それ以上は自腹だった。

会社も、なるべく近場を指定したが、人手が足りないと、遠くの現場まで駆り出されることがあった。

谷やんに、「悪いね」とか言われて。

作業員らは「待機」、つまり、お呼びがかからなくなるのを恐れ、遠方へ行くのも厭わなかった。

私もまた、例外ではなかった。

私は今さっき仰向けになって、川崎市の丘陵の現場を思い出していた。

11月の、ちょうど今ごろの季節だった。

枯葉のベッドに横たわり、昼寝をしたのだった。陽の光がさんさんとふり注ぎ、寒くもなく暑くもなく、空と大地に抱きしめられたような心持ちになった私は、

《あーこのまま死んでしまったら、どんなにか楽だろう》

と思った。

もちろん作業が再開すると、そんな考えは綺麗さっぱり忘れたけれども。

確か登戸で南武線に乗り換えたっけ。

いろんな路線を使ったなあ。首都圏の電車には、ほとんどぜんぶ乗ったんじゃないかな?

東武東上線にはよく乗ったなあ。

ホントは都営三田線にある現場へ向かうときも、東上線で降りて、とぼとぼ歩いて板橋区を横断したものだ。

中板橋とか上板橋とかの、駅前の風景を思い出している。

すごく、懐かしい。

もう一度行ってみたい。行って、あの辺りをウロウロしてみたい。歩き回ることに何の意味があるわけではないけども。

記憶の中の風景に身を置いてみたい。

成増の西友の前で、野上くんと発泡酒を飲んだことがあったけど、それ以外の、記憶の大半は一人ぼっちだ。

一人で、すたすたと坂道を歩いていた。

薄暮の町々を、風を切って歩いていた。

あの頃に見た、寄る辺ない風景が、

記憶と違わないかを、もう一度、

確かめたくなった。

あてどない追想。

2017/11/02 鰯

※この記事は意外なほどよく読まれた。

 

憤怒はふんぬか、それともふんどか。

f:id:kp4323w3255b5t267:20180502170558j:plain

ふだんテレビを観ないが、たまたまBSを点けたら高倉健がアップになり、物語の展開に、次第に引き込まれた私は、最後まで観てしまった。

タイトル『君よ憤怒の河を渉れ』。1976年松竹映画。前年75年公開の高倉健が主演の傑作『新幹線大爆破東映)』と同じく佐藤純弥の監督作品である。

しかし今の目で見れば、あらゆる面で雑な映画だった。筋書きは荒唐無稽だし、特撮は陳腐だし、セリフはくさいし(なにしろホラ、例の「もしもし、何?犯人が現れた?新宿西口か、了解ッ」という電話復唱の場面が何度も出てくる)し、劇伴音楽は画面とそぐわないハワイアン風味な能天気さだし、まあ、万事いい加減な作品だった。

だけど、めっぽう面白いのだこれが。典型的な70年代の風景・風俗がたっぷり堪能できるし、おいしい役どころの原田芳雄やちょい役なのに強烈な印象を残す倍賞美津子の演技もあって、私には楽しめる娯楽作品だった。少なくとも昨晩地上波で放映されたらしい『シン・ゴジラ』よりかはずっと。

今回調べてみて知ったことだが、『君よ憤怒の〜』は、文化大革命後の中国で初めて公開された日本の映画であり、『追補』と題をあらためて、大ヒットしたという。約8億人が観たんだそうな。

business.nikkeibp.co.jp

この記事にもあるように、私も20年前に出張した際には、日本人と知られるや山口百恵高倉健の話題をしょっちゅう振られたものだ。山口百恵はともかく、私は中国の人々がなぜ高倉健に憧れるのかが、よく理解できなかった。

が、

この『君よ憤怒の〜』を最後まで観て、その理由がおぼろげにだが分かるような気がした。それは中盤の、新宿駅西口を数頭の競走馬が爆走し、健さん演じる逃亡者が馬に飛び乗って機動隊の包囲網を突破するという、莫迦ばかしくも痛快なシーンを見れば。警察に申請しないまま撮影したため問題になったらしいが、現在では実写は難しいだろう。実際に馬さん転んでいるし。

だけど、

その莫迦ばかしさは世界に向かって開かれている。どの国の誰が観たって痛快さを感じるに違いない。言葉や思想や政治の違いなどのさまざまな壁を飛び越えうる普遍性を持っている。権力に追われつつも立ち向かう主人公という構図は、万国共通のコードであり、コンテキストの有無は大して問題にはならない。たとえ西村晃の演じる大物政治家が、「新薬は厚生省の検査をパスしたのだぞ」というシロウトくさい言いわけをしても、そのセリフの陳腐さに気づくのは日本人だけであり、海外の観客には、権力者の暴威と失墜のみがよろしく翻訳されて伝わることだろう。佐藤純弥はわりと場当たり的でアバウトな演出をする監督だったらしいが、それが結果的には良い方向へ作用したのではないかと、私は想像したのである。

そして。

政治の季節が終わっても、市街には未だきな臭さがくすぶっていた。その名残りを、映像のそこかしこに発見できる。立川の楽天地の風景に、それぞれの俳優の使う言葉やしぐさに。当時ロック少年で映画に見向きもしなかった私が、昔日の邦画に惹かれる理由は、そんなところにあるのかもしれない。

余談だが『追補』は、ジョン・ウー監督/福山雅治主演で、来年(2018年)公開の予定である。今回それを受けての再放送だろうが、はたしてリメイク版で、新宿西口での非常線突破が、どんなふうに描かれるだろう。やはりCG合成だろうか。

www.cinematoday.jp

それにしても、

なにゆえ永田雅一(プロデューサー。元大映のワンマン社長)氏は、西村寿行の原作にならって「憤怒」を「ふんぬ」と呼ばせず「ふんど」とふりがなを振るまでにこだわったのか?

私の真に知りたい興味はその一点に尽きる。

鰯(sardine)2017/11/13

 

良き隣人のスピンオフ

鹿児島「Good Neighbors」でのライブで青山陽一さんの素晴らしいギタープレイを目の当たりにした。

お名前は方々で目にするから、なんとなく知った気分でいたが、ほんとうのことを言うと、私はちゃんと聞いたことがなかった。

とりあえず概観を知ろうと、二枚組のベスト盤を購入したのだが……

f:id:kp4323w3255b5t267:20180502174026j:plain

これ、私の好みのど真ん中じゃないか!

私は不覚を恥じた。と同時に、他の何枚かもあの時にその場で入手すればよかった、と悔いた。

いやいや、ともあれ今は、このアルバムをくり返し聞こう。

ライブで弾き語りを披露した「月曜のバラード」も入っている。

どのトラックも素晴らしいが、とりわけ1枚めラスト「難破船のセイラー」は感動的なナンバーだ。

YouTubeの公式チャンネルを参照のこと。

www.youtube.com

私にとって11月18日は、いろんな意味で忘れられない日となった。よろしければ下のリンク先をのぞいてみてください。

kp4323w3255b5t267.hatenablog.com

この写真は福岡史朗さんの撮影した私。恥ずかしいけど、記念に貼っておこう。でも、あらためて見ると目が充血している。たぶん高揚していたのと、じっさいに発熱していたのと、で。

f:id:kp4323w3255b5t267:20180502173846j:plain

このあと丸二日、風邪で寝こみました。ピース。

鰯(Sardine)2017/11/23

※その後、二枚組ベスト・アルバムQuarter Century Of Odrelism』をクルマのなかでしょっちゅうかけていたが、その楽想の多彩さ、感性の鋭敏さには舌を巻く。聴けば聴くほど面白みを発見し、ぼくは夢中になった。一枚目でとくに好きな曲は、スペイシーな「4D Reven」、二枚目では雄大なファンクナンバー「God Press You」。

Quarter Century Of Odrelism  (1990-2015)

ソウルやファンク、ブルース、ルーツ・ロックをベースに
まったくオリジナルなロック/ポップスを作り続けるシンガー/ソングライター/ギタリスト、青山陽一
そのソロ・デビュー25 周年を記念した初のオールタイム・ベスト・アルバム
自身の選曲・監修による全17曲、80分超のベスト盤に、
現在のthe BM’s による再録音作品5 曲+新曲1 曲を収録したボーナス・ディスクを加えた二枚組でお届けする!
西村哲也、大田譲(現カーネーション)との伝説のバンド、グランドファーザーズ在籍時の
1990 年にソロ活動を開始したシンガー/ソングライター/ギタリスト、青山陽一
その1st ソロ・アルバム『Sing With The Blue Mountains』の発売(1990 年5 月20 日)からぴったり25 年目にリリースする、
レーベルの枠を越えた初のオールタイム・ベスト・アルバム
カーネーション直枝政広(当時は直枝政太郎名義)のプロデュースによる1st アルバムの「水に浮かぶダンス」から、
1998 年のメジャー・デビュー曲「最後はヌード」のアルバム・ヴァージョン(『So Far, So Close』[1999 年]所収)、
現在、青山がツアー・バンドのギタリストを務める元キリンジ堀込泰行とのデュエットによる「4D Raven」(『Bugcity』[2001 年]所収)、
最新作『ブルーズ・フォー・トマト』(2011 年)収録曲まで、まんべんなく17 曲をチョイス。
新たにマスタリングを施し、これまでで最高のサウンドでお届けする。
■現在のthe BM’s――伊藤隆博(key /堀込泰行YUKI 等)、中原由貴(ds /双六亭等)、千ヶ崎学(b / KIRINJI、ロンサム・ストリングス等)――による
再録音作品5 曲+新曲1 曲(「Freezer Bag」)を収録したボーナス・ディスクも聞き物だ。
ミニ・アルバム以上のヴォリュームもさることながら、1st アルバムの「God Press You」や、
徳間ジャパン時代のシングル曲のひとつ「Come And Go」(『Jaw』[2002 年]所収)の再録はファンにはたまらないはず。
■ブラック・ミュージックとルーツ・ロックをベースにした、デビューから現在にいたるまでまったくブレることのない高度に洗練されたロック/ポップス。
アタマとカラダの両方を刺激する唯一無二のその音楽は、昨今のインディ・シーンで活躍するアーティストのファンにもぜひとも耳にしてほしい。(Amazonの解説より転載

 

 

Members of the city council of Kumamoto entered the parliament with a young child 7 months old.

熊本の市議会議員が、議会場に生後7ヶ月の幼い子を連れて入場した。

The city council ordered the female legislator to leave the floor and are considering disposal.

市議会は、その女性議員に議場から退出を命じ、追って処分も検討中である。

But, If she didn't break through, it would not be a topic, and you would remain unable to understand the feudalism of the Kumamoto area.

ばってん、あんくらい強行突破じゃなかと、あのヌスケどんたちに伝わるもんかい。ぬしどみゃ熊本ん封建的な男尊女卑の風土ばいっちょん理解しとらんもん。

Japanese society that does not understand raising children is just about to decline in birth rate.

子どもを育てることに理解のない日本社会は、少子化が進む一方である。

www.bbc.com

Baby ordered out of Japan assembly A local Japanese politician has been criticised by lawmakers for trying to bring her baby to a council session. Yuka…www.bbc.com

www.washingtonpost.com

A Japanese politician took her baby to work. The patriarchy was not impressed. Yuka Ogata wanted to make a point about the challenges working women face in Japan. The men on the Kumamoto Municipal…www.washingtonpost.com

This news is not limited to domestic but already reported overseas.

このニュースは国内にとどまらず、すでに海外でも報じられている。

鰯(Sardine)2017/11/24

 

【追記】

海外記事をいくつか紹介したけれども、先日11/29、熊本市議会で「厳重注意」の処分が、緒方市議のみに下された。

November 29, the Kumamoto City Council handed down “strict warning” only to Ogata City assembly.

が、熊本市議会は緒方さんの情報発信力を甘くみている。彼女自身による論説記事が、ガーディアン紙に掲載された。

The Kumamoto city council is looking at the information dissemination ability of Mrs. Ogata sweetly. An editorial article by herself was posted on the Guardian newspaper.

www.theguardian.com

I tried to take my child to work with me in Japan - but I got thrown out Earlier this month, I decided to take my 7-month-old baby into the chamber of the Kumamoto municipal assembly because I…www.theguardian.com

国際社会は熊本を、そして日本のゆくえを注視している。

The international community is watching Kumamoto and the future of Japan.

www.courrierinternational.com

Au Japon, une députée critiquée pour avoir siégé avec son bébé Un geste de protestation symbolique d'une députée municipale fait actuellement polémique sur la Toile. Faute d'accès aux…www.courrierinternational.com

仏紙“Courrier International”の記事も。

Also an article on the French newspaper “Courrier International”.

そして、地元・熊本のテレビ番組でも。

And also in local Kumamoto TV programs.

www.youtube.com

①でも、現実は私も善人面して「決められたルールは守るべきだ」とカンタンに口にしてしまう派、なんだ。

②私は、異性のみならず他者全般に対して抑圧的な傾向があることを否定できない。だから普段よりも、熊本市議会の件に過剰反応してしまうのだ。こんなことは言うだけ損と分かっていても、白状せずにおれない。

③何故、私はこれほどムキになってしまうのか。それは自分の本性に、あの長老議員らにも似た、抗議にほくそ笑みを浮かべるような「うす汚なさ」が抜きがたくあるくせに、オレは違うと認めたがらず、きれいごとで取り繕おうとしているからだ。つまり、根底に後ろめたさがあるがゆえ、口数が増えるのだ。

④過去、私自身はどうだったか?「みんなの迷惑になるから」というもっともらしい理由をつけて、他者の頭を抑えたり、口を封じたり、集団から排除したりしなかったか?

⑤熊本の男性に特有な男尊女卑の気質が自分にもある。テメエのオッさん性からは逃れられないし、目をそらすわけにはいかない。たとえそれが二者対立のパターナリズムに陥ろうとも、私にはどうしても、緒方市議が今回とった手段を「拙い」などとは言えない。

狡いなイワシ。これをTwitterでつぶやかず、誰も訪れないMediumに、こっそりとしたためてやがる。

鰯 (Sardine)2017/11/26~12/07

 

Where is Japan going to?

www.washingtonpost.com

Analysis | Why Japan is losing its battle against statues of colonial-era 'comfort women' Controversial statues aren't just coming down in the United States. They are also going up. And the fierce debate they…www.washingtonpost.com

www.nytimes.com

Osaka city and San Francisco city had “sized city port town” as a sister city tie-up in 1957, and celebrated its 60th anniversary in October this year.

'Comfort Women' Statue in San Francisco Leads a Japanese City to Cut Ties Yoshihide Suga, Japan's chief cabinet secretary, said at a news conference on Friday that "erecting comfort women…www.nytimes.com

From high-end paper to popular paper.

Osaka to drop SF sister city over comfort woman statue The mayor of Japan's second city of Osaka said Friday he would end sister-city relations with San Francisco The US city…www.dailymail.co.uk

Mayor of Osaka Mayor who appreciates nationalism.

The friendship relations Osaka City and San Francisco City built for many years were attributed to a foam due to one idiot.

神戸市の樹齢150年のあすなろを使った「世界一のクリスマスツリーProject」が醜悪すぎると話題に | BUZZAP!(バザップ!)

In order to boast of “The World’s top Christmas tree”, folly that carries a tree of 150 years old to Kobe.

After decorating with ornaments, it seems to be sold as a bangle. Crazy greed!

Then this too.

english.kyodonews.net

LDP heavyweight's comment roundly condemned as homophobic A senior member of Japan's ruling Liberal Democratic Party is criticized over his remark that same-sex partners of state…english.kyodonews.net

Takeshita is a member of the LDP, full of discrimination and prejudice.

www.asahi.com

LDP lawmaker's remark appears to racially belittle Africa:The Asahi Shimbun A recent comment by a lawmaker from the ruling Liberal Democratic Party appears to racially disparage the continent of…www.asahi.com

Yamamoto is a cabinet minister of the LDP who said in the past that “Curator is cancer, not necessary”.

And more;

medium.com

Please also read posts of yesterday.

To what extent do you feel like falling down is Japan?

鰯(Sardine)2017/11/25